2010年03月30日

北海道といえば、毛ガニといわれるほどおいしい毛ガニ!!





毛ガニとは、体を覆う殻に毛が密生していることから名がつきました。
甘味抜群の脚肉とたっぷりと入った濃厚な蟹味噌が特徴で、北海道を代表する味覚のひとつです。

毛ガニのカニミソを堪能したい☆
とろりとした「ミソ」の旨味、ぎっしり詰まった深い味わいの身毛蟹・活毛蟹は北海道の味覚を一番感じさせる食材です。
毛蟹の美味しさの理由は、繊維状で繊細かつしなやかな甘さ、それでいてしつこくない、そして毛蟹の命ともいえる「かにみそ」。 誰がなんと言おうと、やっぱりそこがみなさんを毛蟹の虜にさせる大きな理由だと思います。
濃厚でコクのあるミソとプリプリで繊細な身を和わせて食べると絶品!の一言。 まさに北の味覚の代表です。
毛ガニの身は繊細な甘みがあり上品な味わいです。
ゆでてそのまま食べてるのが一般的です。
可食部は少ないですが食味に大変優れているので、ほぐした身はいろいろな料理に使われます。
蟹みその量が多いのも魅力です。
濃厚な蟹みそはそのままでも、身と絡めて食べても大変おいしく、日本酒を注いで燗にするなど、

毛ガニの甲羅酒

さまざまな楽しみ方ができます。

毛ガニのかご漁が解禁しました!

毛ガニの美味しい食べ方

美味しいカニの選び方
posted by N・A・O at 10:59| Comment(0) | おいしいカニの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。