2010年03月26日

毛ガニかご漁解禁!!






3/25より毛ガニ漁の解禁

北海道のカニと言えばなんといっても毛ガニです。

毛蟹(けがに)
別名:大栗蟹(おおくりがに)と呼ばれています。
甲らはやや縦長の四角形で、全身が短く固い毛におおわれています。

北海道が主産地で、日本海側では能登半島付近、太平洋側では宮城県まで、北はベーリング海からアラスカ沿岸まで広く分布します。

旬は冬で、12月から3月頃です。産卵期は4〜5月頃で、これ以前の、卵を抱いた雌が好まれるようです。また一方では5〜7月を旬とする人もいますが、これはオホーツクで獲れる季節を指したもので、流氷が去り、毛ガニのかご漁が解禁直後を旬としているからであながち間違いでもないのです。

甲らが薄くてあまりかたくなく、食べやすいかにです。ゆでるとやわらかく、甘みが強くておいしいです。みそも美味で人気があります。

熱燗にしたお酒を甲らに注いだ「甲ら酒」も美味です。

丸ごとゆでて二杯酢で食べることが多いようです。

漁獲量は多く、活けものも冷凍ものも広く出まわります。日本産だけではなく、輸入ものも多いです。



オホーツクの獲れたての毛ガニをぜひ堪能して下さい!!

その衝撃的な安さはこちらから!!↓

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡

   毛ガニ漁解禁キャンペーン中

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡


数量限定です!!
(売切れ次第終了とさせていただきます。)

posted by N・A・O at 20:04| Comment(0) | 北海どんどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。