2010年04月13日

タラバカニは北海道の味覚の王者ともいえます。





タラバカニは北海道の味覚の王者ともいえます。

★ タラバガニ


鱈(タラ)の漁場でよく捕れたことから鱈場蟹と呼ばれるように

なりました。

タラバガニはヤドカリの仲間で正式には


カニの仲間にはなりません。

甲羅に6つの棘があり


見分ける特徴となります。

大型で足の部分に身がギュッとつまり、ボリューム満点で茹でても

おいしいですが、生を弱火で焼いて食べる焼きガニが香ばしくて

オススメです。

タラバガニはメスよりオスのほうがおいしいので、

お土産などで買われるときはオスをお選びくださいね。


タラバガニのオスとメスの見分け方

腹の「ふんどし」の形が全然違うのですぐに見分けられます
オスが左右相称なのに対しメスは著しく左右非相称で、右にねじれています。日本ではメスの採捕が禁止されてますから国産のメスというのは無いはずです。しかし法令は販売に関しての規制までしてませんからロシア産のメスは「子持ち」として販売されているようです

カニって実は身体に良くヘルシーな食べ物なんです
失敗しない美味しいカニの選び方


北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」




posted by N・A・O at 08:52| Comment(0) | 美味しいカニの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。