2010年04月18日

今日はごちそう!たらばのオーブン焼き





カニ好きにはたまらない!カニの一番おいしい食べ方!!!!

今日はごちそう!たらばのオーブン焼き
オリーブオイルとクレージーソルトと香味野菜の香りで焼き上げたたらばがにを堪能してください。
オーブンに入れるだけなのでちょっとした記念日やパーティーにも最適です。

玉ねぎとジャガイモをあらかじめ3分間レンジにかけて火を通し、次にクッキングシートに玉ねぎ、にんにく、ジャガイモ、タラバガニの順に敷せ、その上にセロリの葉を乗せる。
タラバガニにオリーブオイルとクレージーソルトをたっぷりとまんべんなくかけ、200℃のオーブンで20分程じっくり焼く。
途中焦げそうになったアルミホイルをかけて焼く。じゃがいもが柔らかくなったらタラバガニのオーブン焼きの出来上がり!!!

クレージーソルトとオリーブオイルの組み合わせが最高に旨い一品

北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」




posted by N・A・O at 22:15| Comment(1) | おいしいカニの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

香ばしい香りと凝縮された蟹のうまみを楽しむ焼きガニ





おいしいカニはやっぱり、焼ガニに!!
香ばしい香りと凝縮された蟹のうまみを楽しみます。

調理法は・・・


1. 脚を切り離す
蟹の脚、爪の部分を、ハサミや包丁で根元から切り離します。

2. ふんどし(腹の三角の部分)に切れ目を入れる
甲羅を裏返し、おなかの部分にあるふんどしを持ち上げ、ハサミで切れ目を入れます。

3. 抱き身(胴体部分)に切れ目を入れる
脚の付け根の胴体部分(抱き身)を、真ん中から2つに切り分けます。
甲羅も切ってしまわないように注意してください。(ハサミで切ることもできます。)

4. 抱き身を甲羅から外す
2つに切り分けた抱き身を、甲羅から外します。
外しにくい場合は甲羅とつながっている部分を切ってください。

5. ふんどしを切り離す
ふんどしの中のほうにもカニ味噌が入っていますので、甲羅にあけてください。
中央の管を取り、切り離します。甲羅ごと焼味噌としてお召し上がり下さい。
ふんどしの部分は脚の身と食感が違って大変美味です。

6. エラを取る
抱き身についているエラ(スポンジ状のもの)をハサミで切り離します。
この部分は食べられません。

7. 抱き身に切れ目を入れる
抱き身をブロックごとに切り分け、食べやすいように切れ目を入れておきます。

8. 脚の殻を削ぎ落とす
モモ(一番太い部分)と脚先を関節部分から切り離し、包丁で殻を削ぎ落とします。(片面)
手を切らないように注意してください。

9. 焼く
切り口を上にしてオーブン又はグリル、網わたしで5〜10分間焼きます。
抱き身(胴体部分)はアルミホイルをひいて焼いてください。(焼き過ぎないように注意して下さい)

10. 盛り付ける
火が通ったら、盛り付けて出来上がり。


posted by N・A・O at 07:00| Comment(0) | おいしいカニの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

カニの美味しい時期って知っていますか?




本当に美味しいカニを食べるには、
カニの旬を知っておく事は非常に大事です。
という訳で、参考にして下さい。

4月〜8月頃まで
北海道オホーツク、ベーリング海域-紋別港-
※北海道オホーツクでは、流氷のとける4月頃から、海の凍る12月始めの頃が、かにのシーズンです。

9月〜翌年2月
道東太平洋岸海域-根室、厚岸、釧路近海へと移動-

11月〜翌年3月頃
主に、松葉がに(越前・間人(たいざ)・輪島・橋立・浜坂など)
山陰、北陸地方、日本海

上を見てもらうと分かって頂けると思うのですが、
カニは一年中食べれるんですね。


北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」



posted by N・A・O at 09:01| Comment(0) | おいしいカニの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。