2010年03月25日

失敗しない美味しいカニの選び方

なんでも失敗はしたくない!!


おいしいカニの選び方について書きたいと思います。

●はさみや足がそろっていて、持ってみてずっしりと重いものを選びましょう。
同じ大きさの蟹でもそれぞれ身入りの状態が違います。同じ大きさの蟹だったら手で持ってみて重い方を選んで下さい。甲羅の大きさに惑わされてはいけませんよ!

●できるだけ新鮮なものを選んでください、時間がたつと味が落ち、食中毒の可能性も出てきます。また、産地直送フェアなどでは、冷凍や解凍を繰り返している場合もあるので注意してください。

●活けがにが最上品ですが、おがくずの中でぐったりしているものより、むしろ、浜ゆでの直送もののほうがおいしいです。

●生のものを買うときは、必ず生きているものを選んで下さい。かには傷みが早く、死後1時間で腐敗が始まります。

●足の付け根を押してみたとき、へこまず身が詰まったもの。甲らを押してかたいものは、身のしまりがよいです。
甲羅の柔らかい蟹と堅い蟹があると思います。迷わず堅い蟹を選んで下さい。甲羅の柔らかい蟹は脱皮してまもない蟹ですので、身入りが少ないです。

●ゆでてあるものは、腹部や間接の付け根が、黒ずんでいないものが良品です。

●アンモニア臭のするものは、鮮度が落ちている証拠です。中毒の危険があるので、絶対に避けてください。

蟹の解凍方法はコチラ

美味しいカニの食べ方はコチラ


失敗しないカニなら、全額返金ありの

北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」
posted by N・A・O at 00:43| Comment(0) | 美味しいカニの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

濃厚でコクのある毛ガニの蟹ミソ





北海道といえば、毛ガニといわれるほどおいしい毛ガニ!!

毛ガニのカニミソを堪能したい☆
とろりとした「ミソ」の旨味、ぎっしり詰まった深い味わいの身毛蟹・活毛蟹は北海道の味覚を一番感じさせる食材です。
毛蟹の美味しさの理由は、繊維状で繊細かつしなやかな甘さ、それでいてしつこくない、そして毛蟹の命ともいえる「かにみそ」。 誰がなんと言おうと、やっぱりそこがみなさんを毛蟹の虜にさせる大きな理由だと思います。
濃厚でコクのあるミソとプリプリで繊細な身を和わせて食べると絶品!の一言。 まさに北の味覚の代表です。

北海道毛ガニを食べるなら、お取り寄せ通販


北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」
posted by N・A・O at 02:54| Comment(0) | 美味しいカニの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。