2010年05月08日

カニの種類はいくつ?





ひとくちにカニと言っても、種類は数え切れない。

カイカムリ科、マメヘイケガニ科、ホモラ科、ミズヒキガニ科、アサヒガニ科、ヘイケガニ科、カラッパ科、キンセンガニ科、コブシガニ科、クモガニ科、ヤワラガニ科、ヒシガニ科と枚挙にいとまがない。

その中でも、ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニ、上海蟹の四種に絞って、人気調査をしてみた。

見事、一位に輝いたのは、タラバガニで38%。二位は、ズワイガニで29%。その後を、毛ガニ(23%)、上海蟹(5%)と続く。


おいしいカニは

北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」
posted by N・A・O at 00:04| Comment(0) | カニの解凍方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

おいしい冷凍かにを食べるには解凍が命






記事本文はここから↓
お値段も安く気軽に買えるのが冷凍のカニです。保存も楽で、流通過程での劣化もありません。海外からの輸入物も増えており品質の良いカニが気軽に食べられるようになってきました。冷凍のカニは事前にボイルしてあるものと、過熱していないものがありますので、よく注意書きを読みましょう。要加熱と書いてあるカニを生で食べたりしたらおなかをこわします。

冷凍のカニを美味しく食べるには、解凍が命です。まず解凍する前に流水で外側の氷を手早く落とします。氷を落としたら冷蔵庫に入れてゆっくり解凍します。ボイルしてあるカニはそのまま食べます。二度ボイルすると身がぱさついて美味しくありません。どうしても鍋に使いたいときはさっとくぐらせるようにしてしゃぶしゃぶしてください。加熱していないカニは、解凍後、加熱調理します。

ところで、カニはゆでるのが一番美味しいということをご存知でしたか?

生の刺身や焼いたりしても十分美味しいですが、カニはそのうまみ成分アデニル酸の特質で、ゆでる事で一番美味しくなるのです。ゆで方ですが、1リットルの水に塩20〜30g、ズワイガニの場合は18〜20分。タラバの場合は大きさによって時間を増してください。

おいしい茹でがにを食べたいなら




北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」
posted by N・A・O at 07:55| Comment(0) | カニの解凍方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

カニの解凍方法、美味しく食べるには





お取り寄せしたカニって、あまり美味しくないって思っていませんか?

やっぱりカニは現地で食べないとダメなんだと思われている方も多いのでは?

実は、そのほとんどが間違った解凍方法で解凍され、食されているのです。

お取り寄せの蟹は、鮮度のいいうちに茹であげて即急速冷凍されておりますので、冷蔵庫内でゆっくり解凍して頂くと、茹であげに近い美味しさに戻ります。

冷凍してあるカニを短時間で解凍した場合、カニの身の中で凍ったドリップ(旨み、エキス)が
流れ出てしまいます。
低温でゆっくり時間をかけて解凍することで、元の通りに身の中にドリップが染み渡り、
うまみが逃げることがありません。

どうしても早く解凍したい場合は、ビニール袋などにいれて、ボウルに水をはって、水をかけ、
流水解凍してください。約20〜30分ほどで、中側が半解凍の状態になります。
そのまま食卓に並べてるうちに、程よく解凍されます。

足は、凍ったままもぎ取り約20秒電子レンジで加熱し、殻をむいて冷蔵庫に入れて置けば
1時間ほどで解凍できます。
足をとった後の甲羅も、30秒ほど電子レンジで加熱し、甲羅を取り、身や味噌のあるほうを
お皿に載せて、もう30秒ほど加熱してから、冷蔵庫に1〜2時間置くと解凍できます。

おいしいカニはこちらから

北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」
posted by N・A・O at 21:21| Comment(0) | カニの解凍方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。